会社員は英語でなんという職業?ビザや入国審査、出入国カードにはなんて書く?

出入国カードやビザの申請、入国審査で英語で職業を書くことがありますよね。出入国カードなら、occupation欄です。あなたが会社員の場合、なんと書いていますか?business manですか?ここでは、一般的な言い方と、より正確な言い方の二通りを解説してみました。一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

一般的な会社員の英語名

会社員を英語で書くと、一般的なのは以下の言い方です。

  • OFFICE CLERK
  • OFFICE WORKER
  • EMPLOYEE

参考:https://www.jal.co.jp/tabi/info/ed/english.html

ネットで調べても上の言い方が沢山でてくることと思います。

それぞれ、直訳すると・・

  • Office clerk  : 事務員
  • Office worker:勤め人
  • EMPLOYEE :雇われ人

となります。うーん、JALのHPに書いてあるとはいえ、なんだか違和感がぬぐいきれませんね・・

女性の場合は?

女性の場合も同じ。OFFICE CLERK、OFFICE WORKER 、EMPLOYEEですね。間違えやすいのが、OLと書く場合。女性は、OLの方が多いと思います。しかし、出入国カードやビザの申請、入国審査にはOLとは書きません。

OLはOFFICE LADYの略ですが、和製英語であり、海外で通用する言葉ではありません。最近は外国でサラリーマンやOLが会話で通じることもあるようですが、まだまだ一般的ではありません。

なんかしっくり来ないあなたへ

一般的な会社員を表すには、上に書いた、OFFICE CLERKという書き方が一般的ですが、なんかしっくり来ない、というあなた。その気持ちわかります。私は人事部門で働いていますが、自分の職業をOffice Clerkとは思えません。

出入国カードやビザの申請、入国審査は通りますが、なんか違和感が残ります。

OFFICE WORKERは少し近いような気もしますが、在宅勤務の会社員にも、OFFICE WORKKERを当てはめるのか?という疑問が残ります。

ではEMPLOYEEはどうでしょう。これは直訳すると、「雇われ人」という意味がありますね。この言い方は職業として、しっくりくるかというと、やはりなんだか・

そもそも、職業に「会社員」て本来の職業をあらわしていないようにおもいます。あなたの職業をより正確に表す言葉があるはずです。順に見ていきましょう。

スポンサーリンク

会社員という職業はない

そもそも、英語圏の会話では、「会社員」という言い方はあまり使われていないようです。そりゃそうですね。

貴方の職業は?と聞かれて「会社員です」や「サラリーマンです」「OLです」という浅い回答をすると、言いたくないのかな、という推測をしてしまいます。

上で書いた、OFFICE CLERKなども、広すぎる表現です。そこで、出入国カードやビザの申請、入国審査の職業を表す表現を用いて書いてみます。

経営者 MANAGER
銀行員 BANK CLERK
コンサルタント CONSULTANT
プログラマー PROGRAMMER
編集者 EDITOR
営業マン SALESMAN
企画 PLANNING
技師、エンジニア ENGINEER
経理 ACCOUNTING
広報 PUBLIC RELATIONS
受付係 RECEPTIONIST
人事 PERSONNEL
秘書 SECRETARY
デザイナー DESIGNER
研究職 RESEARCH SCIENTIST
営業事務 ADMINISTRATIVE ASSISTANT,

OFFICEPERSONNEL,ADMINISTRATIVE JOB

単にEMPLOYEEなど、「従業員」という言い方より、あなたの職業を適切に表す表現で書くのがよいかもしれませんね。

まとめ

出入国カードやビザの申請、入国審査で職業を英語で書く時、適切な言葉が見つからず、困ることがあります。

会社員と書くと、広くてぼんやりしているし、「OFFICE WORKER」や「EMPLOYEE」などの言い方がしっくり来ない方に、職業を英語で適切に表す表現を解説致しました。参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする